たたみ縁について(冊子(7))

畳縁は畳の角を保護したり、
畳の敷き合わせの隙間を埋めるする役割があります

畳縁とは畳表の長手方向についているフチのことです。
畳縁は畳の角を保護したり、畳の敷き合わせの隙間を埋めるする役割もあります。
種類は色々あるけど、ここでは二種類の選ぶポイントを紹介します。
選ぶポイントはお部屋の雰囲気に合わせるのが基本ですが・・・
パッと見て一番先に目に付いたのがいいかもしれません!

⚫︎綿縁

とっても和室らしい雰囲気がでます!!
高級感があるけど、日焼けに弱い
だんだん退色してしまうのが欠点です。

⚫︎化学縁

化繊系の素材でできてる縁。
耐久性に優れてる!!
最近では色々な柄の縁が増えました。

戻る 次へ

menu_list
たたみの選び方(冊子(2))

menu_list
たたみを知ろう(冊子(3))

menu_list
畳表(ゴザ)の見分け方(冊子(4))

menu_list
たたみ床を知ろう(冊子(5))

menu_list
畳と環境について(冊子(6))

menu_list
たたみ縁について(冊子(7))

menu_list
最近流行の縁なし畳について(冊子(8))

menu_list
店主よりお礼の言葉(冊子(9))

menu_list
「関口十一畳店」トップページへ

Comments are closed.